UFJで子どもが迷子になる

家族でUSJに行ったものの、ハロウィンの時期でとても混雑していました。迷子にならないように子どもは主人と、私と手をつないでいました。入ってすぐに出迎えてくれた着ぐるみのエルモと写真撮影をしたり、ストリートショーを見て楽しみながら歩いていました。

すると、ストリートショーのうちの1つで、路上に水で絵を書くパフォーマンスをしている人がいました。水でさっと上手に描いていて、あまりにも面白いのでしばらく見ていました。飽きてしまったので、次に行こうと思い、私は手をひいて歩き出しました。

主人も子どもに、「あっち行くで?。」と声をかけました。主人はそれで子どもが後ろからついてきていると思っていたのですが、ふと後ろを見ても姿はなく、私たちは慌てました。どこだろう?どこではぐれたんだろう?

キティちゃんがいたので、その人ごみではぐれたのかなと思いましたが、ふとさっき見た水のパフォーマンスを思い出しました。しゃべらず真剣に見入っていた子どもを思い出し、「そこで迷子になったんやない?」と言い、主人が走って探しに行きました。

私も連れて、その場所へ向かうと泣いている姿が目に入りました。主人がかけつけたとき、ちょうど自分が迷子になったことに気付いて泣きだしたところだったそうです。それまで自分が一人になっていることにも気づかず、水のパフォーマンスを見入っていたようです。

近くにいたクルーが声をかけてくれ、名前と年齢を尋ねようとしていたところでした。本人に聞いてみると、「キティちゃん描いてくれちゃって、終わったから行こうと思ったらお父ちゃんおらんかった。」と言っていました。すぐに見つかって良かったです。


日々の出来事