病院で検査してもらった結果

朝起きたら、赤ちゃんの顔が真っ赤でびっくりしました。 今まで赤ちゃんの皮膚に異常が見つかることはありませんでした。 湿疹などもありませんでしたので、うちの子は皮膚が丈夫なんだなあと思っていた矢先に、この出来事です。 ただ、この日の朝に赤ちゃんが起きてたときに、顔が真っ赤ですが、かゆいという様子はありませんでした。

もしかしたら、突発的な蕁麻疹なのかなあと思ったのですが、まずは病院で診てもらう必要があります。 病院で診てもらった結果、やはりアトピーであるということでした。 アトピーになった原因はもう少し検査してみないとわからないと言われたのですが、食事が原因である可能性が高いと言われました。

そこで、アトピーを克服したというお母さんのブログをいろいろ見て、その中で紹介していた食事をうちの子に作ってみようと思いました。 アトピーになった赤ちゃんをお持ちのお母さんは、まず、赤ちゃんが泣いているときでも穏やかに対応するようにした。というのが気になりました。

やはり、お母さんの感情の起伏が赤ちゃんのアトピーの症状を悪化させるようです。 私もすぐにカッとなる性格なので、赤ちゃんへの対応を考えようと思いました。 そして、次の朝、もしかして赤ちゃんの顔の赤みが引いているのではないかと期待しましたが、あまり症状は変わっていませんでした。

病院では、まず様子を見たほうがいいということで薬は処方されませんでした。 この日も我が子は体がかゆいという様子を見せません。 あまりひどくないアトピーなのかなあとも感じました。 あと、食事とともに気を付けようと思ったことが体を洗うときに使う石鹸です。

石鹸は基本的に肌に優しいと思っていましたが、無添加で刺激が少ないと言われている石鹸に変えようと決めました。 調べてみると石鹸でもいろいろあって、使われている成分に注意して選ぶことが必要であることがわかりました。


日々の出来事